苦情通報フォーム

通報前にご確認ください

JaCERは、この対話救済プラットフォーム通報受付窓口を通じて、正会員(加盟企業)に関連する人権侵害事例について通報を受け付け、これを対象企業に通知し、対象企業の苦情処理の支援・推進を行っています。
JaCERは申し立てられた苦情・通報を解決する機関ではなく、「人権を尊重する責任」の主体である企業が苦情・通報を処理することを専門的な立場から支援・推進することにより、苦情処理メカニズムを強化しています。
JaCERの苦情処理メカニズムにおいて、対象となる案件、対象企業、苦情処理の時間軸の目安等について、当ウェブサイトでご確認ください。
匿名での通報も可能ですが、不十分な情報提供の場合、事実関係の確認が実施できず、適切な処理につながらない可能性があります。可能な限り詳細な情報提供をお願いします。 通報者の個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理されます。

通報前の確認事項
必須

ステップ1. 通報事案の概要について

1-1.通報対象の企業・団体は、JaCER加盟企業ですか?
必須
はいをご回答の方へ
企業・団体名を記載ください。
1-2.人権侵害を申し立てる企業・団体を選択・記載ください。
必須
JaCER加盟企業の子会社・グループ企業をご回答の方へ
企業・団体名を記載ください。
JaCER加盟企業の取引先をご回答の方へ
企業・団体名を記載ください。
1-3.通報する事案が発生している場所は以下のどちらですか?
必須
海外をご回答の方へ
国名を記載ください。
1-4.今回の事案に関して既に他の窓口に申立てをしましたか?
必須
1-4-1.当該窓口をご記載ください。
1-4-2.上記窓口の対応状況・結果の概要をご記載ください。

ステップ2. 通報事案の詳細について

2-1.通報者の氏名又は通報者の名称(組織の場合)
aaa
※ 匿名をご希望される場合にはチェックを入れてください。
2-2.通報者が組織である場合の担当者の所属部門
2-3.通報者のEメールアドレス
2-4.通報者の電話番号
2-5.通報者の立場
必須
その他をお選びの方は、以下に立場のご記載ください。
2-6.あなたが人権侵害に関与していると通報する事案について
通報する対象企業とJaCER加盟企業の関係について、ご存じの情報があればご記載ください。
2-7.あなたが通報する人権侵害事案について
特に、誰が、誰に対して、いつ、どのように、人権侵害にあたる行為をしたのかについて明確に記載してください。
2-8.上記の事案について
処理中です

枠内にファイルをドロップ

根拠となる文書や参考情報となる資料があれば、添付してください。
2-9.通報する事案での改善・救済措置について
あなたが通報する事案で期待する改善・救済措置について、ご記載ください。

ステップ3. 個人データの取扱いについて

一般社団法人ビジネスと人権対話機構(JaCER)は、対話救済プラットフォームにおいてあなたから受領した苦情に含まれる個人データ(個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号、その後の改正を含み以下「個人情報保護法」といいます)にて定義)を、以下の通り、取り扱います。

1.法令の遵守について

JaCERは、個人情報保護法その他適用される法令を遵守したうえで、あなたの苦情に含まれる個人データを適切に取り扱うことに努めます。

2.利用目的について

JaCER及び対象企業は、あなたの苦情の内容を調査し、調査の結果に応じて適切な措置を取る目的のみに、あなたの苦情に含まれる個人データを利用し、それ以外の目的に使用しません。ただし、あなたの苦情を適切に処理するために、あなたの苦情に含まれる個人データ(氏名、住所、電話番号、国籍、職業、所属先、メールアドレス、苦情の内容、苦情処理に関する状況・履歴など)は、以下の関係者に提供される場合があります。

関係者 個人データの提供
対象企業 JaCERは、あなたの苦情に関するすべての情報を、対象企業の苦情処理担当部署に対し提供します。対象企業において、あなたから受け付けた苦情を処理します。
対象企業の
サプライヤー等の
取引先
JaCERは、あなたの苦情に関するすべての情報を、対象企業の苦情処理担当部署に対し提供します。対象企業において、あなたから受け付けた苦情を処理します。
助言仲介委員会・
調査委員会
あなたの苦情を適切に調査・処理するために、対象企業には助言仲介委員会及び調査委員会が設置される場合があります。助言仲介委員会及び調査委員会は対象企業に対し機密保持義務を負いますが、これらの委員会にはあなたの苦情に含まれる個人データが提供される場合があります。
3.共同利用について

JaCERは、2規定の利用目的の達成のために、苦情申立の対象企業と、あなたから受領した苦情に含まれる個人データ(氏名、住所、電話番号、国籍、職業、所属先、メールアドレス、苦情の内容、苦情処理に関する状況・履歴など)を共同で利用します。
JaCERがあなたから受けた苦情に含まれる個人データを共同利用する場合、JaCERが共同利用データの管理責任者となります。JaCERの住所・代表者・連絡窓口については下記「6」をご覧ください。

4.外国に対する個人データの移転について

JaCER及び対象企業は、2規定の利用目的の達成に必要な範囲で、苦情申立の対象企業と、あなたから受領した苦情に含まれる個人データ(氏名、住所、電話番号、国籍、職業、所属先、メールアドレス、苦情の内容、苦情処理に関する状況・履歴など)を日本以外の外国に所在する関係者に提供する場合があります。

5.個人情報の開示、訂正、追加・削除、利用停止、消去、第三者提供の停止等

個人データの開示、訂正、追加・削除、利用停止、消去、第三者提供の停止等については、下記「6」記載のJaCERの連絡窓口までご連絡ください。

6 JaCERの住所・代表者・連絡窓口

名称 一般社団法人ビジネスと人権対話救済機構
住所 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル
代表者 蔵元 左近・高橋 大祐・冨田 秀実
連絡窓口 info@jacer-bhr.org

上記の個人データの取扱いについて、同意します。
必須
一部同意するを選択いただいた方へ 以下の点を除き同意します。
必須
※あなたはJaCERの個人データの取扱いの一部に同意しないことができますが、この場合、あなたは苦情の調査や処理に支障が生じる場合がありますので、その点はご承知ください。
プライバシーポリシー
必須